×

#01 め組のひと

1980年、「ランナウェイ」でレコードデビューしたシャネルズは、いきなりミリオンセラーを記録する大ヒット。その後、1983年、「ラッツ&スター」に改名。改名後のデビュー曲『め組のひと』は、CMソングに起用されオリコン1位を記録!Text by エムP

×

#02 FUNK FUJIYAMA

1989年、外国人から見た日本の名産、名物を並べたユニークで過激な歌詞が話題となりヒットした名曲『FUNK FUJIYAMA』 CMに起用された際、『SAMURAI』はOKを貰えたが、「GEISHA」「カミカゼ」「HARAKIRI」という単語は、当たり障りない日本の象徴に書き換えられてしまった経緯がある。Text by エムP

×

#03 流星のサドル

1986年、アルバム「SHAKE IT PARADICE」収録されていた『流星のサドル』。サドルとは、馬具で馬の鞍、腰掛台のこと言う。Text by エムP

×

#04 神田川

1973年、アルバム『かぐや姫さあど』に収録。昭和カップルの生活感をリアルに描写した楽曲が共感を呼びシングルカットされた。発売後、20年以上の歳月を経て200万セールスを記録。Text by エムP

×

#05 ミ・アモーレ

1985年、日本レコード大賞受賞楽曲となった『ミ・アモーレ』 翌年も中森明菜が歌う「DESIRE-情熱-」が受賞!女性歌手初の2年連続レコード大賞受賞という偉業を達成。昭和の歌姫という称号を得た。Text by エムP

×

#06 UFO

1976年、ペッパー警部でデビューすると斬新な衣装と踊りで瞬く間に、日本中に“ピンクレディー旋風”を巻き起こした。誰もが、振付を真似し熱狂した楽曲は『UFO』。ピンクレディーの恋のお相手が、『宇宙人』という刺激的な楽曲『UFO』で、第20回日本レコード大賞を受賞すると、名実ともに日本を代表する歌手として全世代を虜にした。Text by エムP

×

#07 初恋

デビュー4年目の1983年、30歳で発表した5枚目のシングル『初恋』の胸キュン・フォークが世代を超える大ヒットとなる。『ザ・ベンチャーズ』の強い影響を受けていた村下孝蔵。アコースティックギター1本の「ひとりベンチャーズ」で披露した卓越したギターテクニックが伝説となり、シンガーソングライターのさだまさしさんからは、「村下の弾くひとりベンチャーズ凄い。居ないはずのメル・テイラーのドラムが聞こえてくる」と絶賛されている。Text by エムP

×

#08 ダンシング・オールナイト

1980年、ソロ歌手としてヒットを生み出すことが出来なかった「もんたよしのり」が、『もんた&ブラザーズ』として再起を賭けてデビューした楽曲が『ダンシング・オールナイト』 発売当初は、話題にならなかったが、一度聴いたら癖になる、もんたよしのりのかすれ声とテンポの良い楽曲は、じわじわと音楽ファンに浸透。気がつけば、1980年代のシングル売上が累計200万枚を超える最大ヒット曲となった。Text by エムP

×

#09 ゲゲゲの鬼太郎

1967年、水木しげるさんの漫画『ゲゲゲの鬼太郎』を原作とする同名のアニメ作品の主題歌として産声をあげる。記念すべき、初代主題歌の歌手として『ゲゲゲの鬼太郎』歌いあげたのが、熊倉一雄さん。あの独特に歌いまわしを聴くと恐怖心が芽生えてくると言わしめた。その後、吉幾三さん、憂歌団、泉谷しげるさん、小池徹平さん、氷川きよしさんと錚々たるメンバーが参加している。Text by エムP

×

#10 今夜はブギー・バック

1994年、レコード会社の枠を超えたコラボレーション楽曲として、小沢健二がメインの「nice vocal」バージョン、スチャダラパーがメインの「smooth rap」バージョンで2枚同時にリリースされ話題を呼んだ『今夜はブギー・バック』 このコラボレーション楽曲が誕生したことがキッカケとなり、数々のコラボ楽曲が生まれてくることになったのです。Text by エムP

×

#11 港のヨーコ•ヨコハマ•ヨコスカ

1975年、ダウン・タウン・ブギウギ・バンドの4作目のシングル曲、『港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ』 作詞家・『阿木燿子』のデビュー作となった詞を詠んで「コレこそ俺の唄うべき歌だ!」と感激した宇崎竜童さんだったが、生涯で最も作曲に困った作品でもあったとのこと。難産の末、完成した楽曲は一度聴いたら忘れることが出来ない名曲として、ミリオンセラーを達成した。Text by エムP

×

#12 大きな玉ねぎの下で

1985年、爆風スランプの2ndアルバム『しあわせ』に収録されていた『大きな玉ねぎの下で』。感慨深い詩と切ないメロディが見事に重なり合う名曲は、1989年10月、『大きな玉ねぎの下で~はるかなる想い』としてリメイク。爆風スランプ、15枚目にシングルとして発売されると、その年の第40回紅白歌合戦でも『大きな玉ねぎの下で』を披露する機会が与えられ視聴者に多くの感動を与えた。Text by エムP

×

#13 中央フリーウェイ

1976年11月20日。荒井由実4枚目のアルバム「14番目の月」に収録されている『中央フリーウェイ』は、今でも色褪せないドライブミュージックの定番。独身時代最後のオリジナル・アルバムとなった「14番目の月」。本人は、このアルバムで歌手を引退するつもりだったと、自伝「ルージュの伝言」で語っている。Text by エムP

×

#14 RYDEEN

1979年9月25日。YMOの2作目のアルバムとして産声をあげた「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」1980年度・年間LPチャートで第1位(オリコンチャート)に輝いただけでなく、1980年度・年間総合順位でも第2位を記録し、「テクノポップ」という言葉を日本中に浸透させたアルバムである。この「ソリッド・ステイト・サヴァイヴァー」に収録されていた名曲が『ライディーン』YMOメンバーも出演した「フジカセットのCF」で流れていた『ライディーン』は、一度、聴いたら忘れることが出来ないインパクト大の名曲として日本中を席巻していった。Text by エムP

×

#15 ギザギザハートの子守唄

1983年9月21日にリリースされたチェッカーズのデビューシングル『ギザギザハートの子守歌』。発売当初は全く売れなかったが、翌年2枚目のシングル「涙のリクエスト」を発売すると、67万枚を超える大ヒット。『ギザギザハートの子守歌』だけでなく、3枚目のシングル「悲しくてジェラシー」と合わせて3曲同時ベストテン入りするという偉業を打ち立てた。 TEXT by エムP